中耳炎は、6ヶ月から1歳半の乳幼児に多い病気です。普段、耳の掃除をする部分は外耳道ですが、中耳はそのもっと奥にあたります。

かぜなどのとき耳管をとおして中耳に細菌が感染し、化膿性の分泌液がたまった状態になります。新生児や乳児は、
耳だれがでてはじめてわかることがあります。

生後6ヶ月をすぎた乳児なら、痛みのためふきげんが続いたり、意思表示ができるこどもなら、痛みや耳の閉塞感、
難聴を訴えることもあります。かぜによる発熱や鼻汁があるときになりやすく、生後6ヶ月から1歳半にもっとも多く見られます。

急性期の痛みに対しては鎮痛剤、炎症に対しては抗生物質を5~10日間投与します。中耳炎は、
かぜの流行する寒い季節に多く見られます。また、集団保育児がなりやすいことも知られています。成長期とともに減る病気なので、
過剰な心配は無用です。

深夜に耳漏(じろう)が出て、中耳炎にきづいたときは、耳漏をふきとり、厚めのガーゼをあてて、翌日受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    ページ上部へ戻る