中耳炎は、6ヶ月から1歳半の乳幼児に多い病気です。普段、耳の掃除をする部分は外耳道ですが、中耳はそのもっと奥にあたります。

かぜなどのとき耳管をとおして中耳に細菌が感染し、化膿性の分泌液がたまった状態になります。新生児や乳児は、
耳だれがでてはじめてわかることがあります。

生後6ヶ月をすぎた乳児なら、痛みのためふきげんが続いたり、意思表示ができるこどもなら、痛みや耳の閉塞感、
難聴を訴えることもあります。かぜによる発熱や鼻汁があるときになりやすく、生後6ヶ月から1歳半にもっとも多く見られます。

急性期の痛みに対しては鎮痛剤、炎症に対しては抗生物質を5~10日間投与します。中耳炎は、
かぜの流行する寒い季節に多く見られます。また、集団保育児がなりやすいことも知られています。成長期とともに減る病気なので、
過剰な心配は無用です。

深夜に耳漏(じろう)が出て、中耳炎にきづいたときは、耳漏をふきとり、厚めのガーゼをあてて、翌日受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    2. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    3. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    ページ上部へ戻る