赤ちゃんの耳を引っ張ったり、押すと痛がって泣く時には、外耳炎かもしれません。赤ちゃんの場合は言葉で説明できませんから、
耳を気にしているそぶりをしたら引っ張ってみて、非常に痛がるようなら外耳炎の疑いがあります。

耳の入り口から鼓膜までを外耳道といいます。外耳炎は、この外耳道が細菌に感染して炎症を起こしたものです。赤ちゃんの外耳道は短く、
傷つきやすいので、耳かきなどで外耳道が傷ついておこることが多いのです。

傷にできたおできが化膿すると、37℃台の熱を出すこともあります。耳鼻科で治療を受け、
処方された抗生物質を医師の指示に従って飲んでください。その他にも痛み止め、軟膏や点耳薬を使用します。おできができて痛みが強いときは、
切開してうみを出すこともあります。大体1週間くらいで治ります。

家庭でのケア

外耳炎と診断されたら、お家では、清潔と乾燥に気をつけましょう。赤ちゃんの耳の中がむれないように、
炎症のある耳を上に向けて寝かせましょう。また汚い指でさわったり、吐いたミルクが耳に入ったりしないように気をつけて。

自然にうみが出たら、耳の中はいじらずに消毒液で耳の周りをふいてあげます。回復してくると耳の中がかゆくなりますが、
かかせないようにしましょう。

お風呂で赤ちゃんの耳に水が入っても、悪い影響を与えることはまずありません。もし水が入ったとしても自然に排出乾燥されます。
外耳炎の原因がお風呂ということはありません。むしろ、水が入ったかも、と、耳掃除をすることが原因になっていることが多いです。
耳あかが取りにくいときは無理をせず、耳鼻科で取ってもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    2. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    3. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…

    ピックアップ記事

    1. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る