乳製品に触ると赤くなる

離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤くなってしまうことがあります。

もしかしたら、乳製品によるアレルギーかもしれません。体質によっては、早くから乳製品をあげると、アレルギーの原因になることがあります。もし、乳製品によるアレルギーであれば、チーズやバター、マーガリンなども食べてはいけません。

すでに症状が出ている場合は、一度アレルギー検査を受けて、原因を突き止め、離乳食の内容をどうするか、小児科の先生に相談してみましょう。

アレルギーの場合は、アレルギーーの原因となるもの(アレルゲン)を取り除くことが一番ですが、お母さんの勝手な判断で、食べさせないようにするのではなく、きちんと原因をつきとめ、医師と相談しながら取り組むことが大切です。

アレルギー性疾患は、両親の両方がアレルギー性疾患である場合、その子どもに遺伝する割合は50%だといわれています。両親のどちらかがアレルギー性疾患だった場合は、40%くらいだそうです。

これは、かなりの確立なので、親がアレルギーの場合は遺伝している可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    2. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る