乳製品に触ると赤くなる

離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤くなってしまうことがあります。

もしかしたら、乳製品によるアレルギーかもしれません。体質によっては、早くから乳製品をあげると、アレルギーの原因になることがあります。もし、乳製品によるアレルギーであれば、チーズやバター、マーガリンなども食べてはいけません。

すでに症状が出ている場合は、一度アレルギー検査を受けて、原因を突き止め、離乳食の内容をどうするか、小児科の先生に相談してみましょう。

アレルギーの場合は、アレルギーーの原因となるもの(アレルゲン)を取り除くことが一番ですが、お母さんの勝手な判断で、食べさせないようにするのではなく、きちんと原因をつきとめ、医師と相談しながら取り組むことが大切です。

アレルギー性疾患は、両親の両方がアレルギー性疾患である場合、その子どもに遺伝する割合は50%だといわれています。両親のどちらかがアレルギー性疾患だった場合は、40%くらいだそうです。

これは、かなりの確立なので、親がアレルギーの場合は遺伝している可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…

    ピックアップ記事

    1. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    2. 先天的な病気です。その名のとおり、先天的に胆道が拡張している病気です。子供のときに見つかることが…
    3. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る