ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックにおちいる例もあります。刺された部分が傷んで、赤くはれ、水泡やただれをつくります。熱がでたり、けいれんを起こすこともあります。

アトピーの子がハチに刺されて、アナフィラキシー・ショックを起こした例もあります。これは、意識を失い生命に関わる症状です。ハチに刺されたときの反応はとても強烈で、毎年、20人~30人ほどがなくなっているそうです。

昆虫といえばダニも含まれます。ダニアレルギーはよく耳にします。ということは、たの昆虫にアレルギーが出たとしてもおかしくありません。チョウ、ガ、ゴキブリなどが原因の場合は、気管支喘息やアレルギー性鼻の症状を引き起こすことがあります。、

毒針からでる毒液にアレルギー反応をおこしたり、燐粉(りんぷん)を吸い込んで発症することもあります。皮膚症状は冷やしてステロイド外用薬を塗ります。重傷の場合は、抗ヒスタミン薬やステロイド薬を内服します。

一番の予防は、アレルギーのもととなる昆虫と接触しないことです。ゴキブリの糞に対しては、こまめに掃除をし清潔を心がけることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    2. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    3. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    ページ上部へ戻る