ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックにおちいる例もあります。刺された部分が傷んで、赤くはれ、水泡やただれをつくります。熱がでたり、けいれんを起こすこともあります。

アトピーの子がハチに刺されて、アナフィラキシー・ショックを起こした例もあります。これは、意識を失い生命に関わる症状です。ハチに刺されたときの反応はとても強烈で、毎年、20人~30人ほどがなくなっているそうです。

昆虫といえばダニも含まれます。ダニアレルギーはよく耳にします。ということは、たの昆虫にアレルギーが出たとしてもおかしくありません。チョウ、ガ、ゴキブリなどが原因の場合は、気管支喘息やアレルギー性鼻の症状を引き起こすことがあります。、

毒針からでる毒液にアレルギー反応をおこしたり、燐粉(りんぷん)を吸い込んで発症することもあります。皮膚症状は冷やしてステロイド外用薬を塗ります。重傷の場合は、抗ヒスタミン薬やステロイド薬を内服します。

一番の予防は、アレルギーのもととなる昆虫と接触しないことです。ゴキブリの糞に対しては、こまめに掃除をし清潔を心がけることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    2. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    3. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    ページ上部へ戻る