ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックにおちいる例もあります。刺された部分が傷んで、赤くはれ、水泡やただれをつくります。熱がでたり、けいれんを起こすこともあります。

アトピーの子がハチに刺されて、アナフィラキシー・ショックを起こした例もあります。これは、意識を失い生命に関わる症状です。ハチに刺されたときの反応はとても強烈で、毎年、20人~30人ほどがなくなっているそうです。

昆虫といえばダニも含まれます。ダニアレルギーはよく耳にします。ということは、たの昆虫にアレルギーが出たとしてもおかしくありません。チョウ、ガ、ゴキブリなどが原因の場合は、気管支喘息やアレルギー性鼻の症状を引き起こすことがあります。、

毒針からでる毒液にアレルギー反応をおこしたり、燐粉(りんぷん)を吸い込んで発症することもあります。皮膚症状は冷やしてステロイド外用薬を塗ります。重傷の場合は、抗ヒスタミン薬やステロイド薬を内服します。

一番の予防は、アレルギーのもととなる昆虫と接触しないことです。ゴキブリの糞に対しては、こまめに掃除をし清潔を心がけることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    2. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    3. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    2. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    3. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    ページ上部へ戻る