何らかの理由で気管支の筋肉が収縮してせまくなるうえ、気管支内にたんなどの分泌物がふえてつまり、呼吸がしにくくなります。
アレルギー体質が原因です。

気管支がせまくなり、気管内に分泌物もふえるため、軽い場合は、せきではじまり、ヒューヒュー、ゼーゼーと苦しそうな呼吸をします。
中程度の場合は、呼吸がさらに速くなります。寝ているのが苦しく、すわって肩で息をするようになります。

乳児では泣き声が短くなり、授乳が難しくなります。重症の場合は安静にしていても呼吸が困難で、前かがみになり、口をきくのもつらく、
ひとりではトイレや洗面にも行けなくなります。チアノーゼを起こす場合もあります。

アレルゲン(アレルギーの原因物質)となるほこり、ダニ、カビ、花粉、大気汚染、ペットの毛、タバコの煙、天候の変化などに対して、
気管支が過敏に反応するためにおこります。

かぜなどのウイルス感染をきっかけに発作がおこることが多く、かぜをひいているときにアレルゲンを吸ったり、
疲れたりするとおこりやすくなります。

発作をおさえるには、気管支を広げる気管支拡張剤を使います。発作予防は、アレルゲンを遠ざけること、減らすことが基本になります。
また、抗アレルギー剤を使います。

発作がおこったら、体を横にするより、状態を起こしたほうが息がしやすいので、服をゆるめて上体をおこし、
背中をさすったり軽くたたき、冷たい水を飲ませます。

寝かせるときも、ふとんの頭のほうを高くし、上体をおこして、寄りかからせます。赤ちゃんはたて抱きにします。成長するにつれて、
発作は減る傾向があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    2. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    3. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…

    ピックアップ記事

    1. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    2. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る