何らかの理由で気管支の筋肉が収縮してせまくなるうえ、気管支内にたんなどの分泌物がふえてつまり、呼吸がしにくくなります。
アレルギー体質が原因です。

気管支がせまくなり、気管内に分泌物もふえるため、軽い場合は、せきではじまり、ヒューヒュー、ゼーゼーと苦しそうな呼吸をします。
中程度の場合は、呼吸がさらに速くなります。寝ているのが苦しく、すわって肩で息をするようになります。

乳児では泣き声が短くなり、授乳が難しくなります。重症の場合は安静にしていても呼吸が困難で、前かがみになり、口をきくのもつらく、
ひとりではトイレや洗面にも行けなくなります。チアノーゼを起こす場合もあります。

アレルゲン(アレルギーの原因物質)となるほこり、ダニ、カビ、花粉、大気汚染、ペットの毛、タバコの煙、天候の変化などに対して、
気管支が過敏に反応するためにおこります。

かぜなどのウイルス感染をきっかけに発作がおこることが多く、かぜをひいているときにアレルゲンを吸ったり、
疲れたりするとおこりやすくなります。

発作をおさえるには、気管支を広げる気管支拡張剤を使います。発作予防は、アレルゲンを遠ざけること、減らすことが基本になります。
また、抗アレルギー剤を使います。

発作がおこったら、体を横にするより、状態を起こしたほうが息がしやすいので、服をゆるめて上体をおこし、
背中をさすったり軽くたたき、冷たい水を飲ませます。

寝かせるときも、ふとんの頭のほうを高くし、上体をおこして、寄りかからせます。赤ちゃんはたて抱きにします。成長するにつれて、
発作は減る傾向があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    2. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    3. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    ページ上部へ戻る