停留睾丸とも言います。

赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこと。精巣がおなかの中の鼠けい部にあって、陰嚢に降りてきていない状態です。

胎児(赤ちゃん)がお母さんのおなかにいるときは、精巣は赤ちゃんのおなかの部分にあります。出産と同時に精巣が下りてきて、陰嚢に収まるのですが、その精巣がうまくおりてこないまま、おなかの中に残ってしまう場合があります。早産の赤ちゃんによく見られる病気です。

両方の精巣がない場合、片方ない場合があります。1歳未満の赤ちゃんの場合は、上がったり下がったりを繰り返して、正常になっていくケースも見られますが、あまりに長い間おなかにあると、生殖機能に問題を起こす場合があります。

生まれたあとで自然に降りてくることもあるので、生後6ヶ月までは様子を見ます。6ヶ月を過ぎても降りてこない場合は、1歳までをめどに手術を行ったほうがいいようです。通常、入院は2泊3日が平均ですので、事前にしっかりとした準備が必要でしょう。

停留精巣は、不妊症や精巣腫瘍が発生する確率が高くなります。また、鼠径ヘルニアや尿道下裂を起こしやすい、精巣自体がない場合や、精巣発育が非常に悪いというデータもありますので、当てはまる場合は、専門機関に相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る