停留睾丸とも言います。

赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこと。精巣がおなかの中の鼠けい部にあって、陰嚢に降りてきていない状態です。

胎児(赤ちゃん)がお母さんのおなかにいるときは、精巣は赤ちゃんのおなかの部分にあります。出産と同時に精巣が下りてきて、陰嚢に収まるのですが、その精巣がうまくおりてこないまま、おなかの中に残ってしまう場合があります。早産の赤ちゃんによく見られる病気です。

両方の精巣がない場合、片方ない場合があります。1歳未満の赤ちゃんの場合は、上がったり下がったりを繰り返して、正常になっていくケースも見られますが、あまりに長い間おなかにあると、生殖機能に問題を起こす場合があります。

生まれたあとで自然に降りてくることもあるので、生後6ヶ月までは様子を見ます。6ヶ月を過ぎても降りてこない場合は、1歳までをめどに手術を行ったほうがいいようです。通常、入院は2泊3日が平均ですので、事前にしっかりとした準備が必要でしょう。

停留精巣は、不妊症や精巣腫瘍が発生する確率が高くなります。また、鼠径ヘルニアや尿道下裂を起こしやすい、精巣自体がない場合や、精巣発育が非常に悪いというデータもありますので、当てはまる場合は、専門機関に相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    2. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    3. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    ページ上部へ戻る