亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはまります。生理的包茎といいます。

仮性包茎と真性包茎があり、仮性包茎は、皮をそっと下げると亀頭が見えるもの、真性包茎は見えないものと定義されます。真性包茎は、赤ちゃんの80%、幼児の60%とだんだん減っていき、年齢とともに自然に治っていくケースがほとんどです。

真性包茎かどうかは、 1歳を過ぎると判断できるようになりますし、包皮の穴が小さいために排尿時に、一旦亀頭が風船のように膨らむことも特徴です。おしっこが出にくかったり、横に飛び散ったりします。

生理的包茎や仮性包茎の場合は、治療しなくても大丈夫です。ただ、亀頭と包皮の間にあかがたまらないように、清潔を心がけましょう。

真性包茎は治療が必要ですので、真性包茎と分かったら、思春期を迎える前に早めに手術をしてあげるとよいでしょう。また、仮性包茎の場合も、清潔にしないと炎症を起こして亀頭包皮炎を引き起こします。

包皮を無理やりむくのはやめましょう。無理にむいて中まで洗おうとすると強い刺激になり、炎症を起こす場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…

    ピックアップ記事

    1. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    ページ上部へ戻る