亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはまります。生理的包茎といいます。

仮性包茎と真性包茎があり、仮性包茎は、皮をそっと下げると亀頭が見えるもの、真性包茎は見えないものと定義されます。真性包茎は、赤ちゃんの80%、幼児の60%とだんだん減っていき、年齢とともに自然に治っていくケースがほとんどです。

真性包茎かどうかは、 1歳を過ぎると判断できるようになりますし、包皮の穴が小さいために排尿時に、一旦亀頭が風船のように膨らむことも特徴です。おしっこが出にくかったり、横に飛び散ったりします。

生理的包茎や仮性包茎の場合は、治療しなくても大丈夫です。ただ、亀頭と包皮の間にあかがたまらないように、清潔を心がけましょう。

真性包茎は治療が必要ですので、真性包茎と分かったら、思春期を迎える前に早めに手術をしてあげるとよいでしょう。また、仮性包茎の場合も、清潔にしないと炎症を起こして亀頭包皮炎を引き起こします。

包皮を無理やりむくのはやめましょう。無理にむいて中まで洗おうとすると強い刺激になり、炎症を起こす場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    3. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    ページ上部へ戻る