肛門周囲膿瘍は、おむつかぶれなどがきっかけで、肛門の近くや肛門陰かの大腸菌などが入り込み、炎症を起こして膿をもったおできができる病気です。

何回か繰り返し、乳児痔ろうになることもあります。ですが、2歳頃までにはほとんど自然に治ってしまうようです。

生まれて間もない生後1~2か月の男の赤ちゃんに多く見られ、女の子にはほとんど見られません。

肛門の周りが赤くはれあがり、痛みを伴います。赤ちゃんは皮膚がデリケートなので、ちょっとした傷から細菌が入り、そこが化膿してしまうことがあります。オムツを取り替えるときなど、肛門のあたりを注意してみてあげ、膿のようなものがあったり、赤く腫れていたりするようなときは、小児科の先生に相談しましょう。

触るとひどく痛がり、不機嫌になったり泣いたりします。外科手術で膿を出したりする治療が行われます。手術後も、1日おきに膿を出してあげたりするなど、手当てが必要で、お母さんも苦労しますが、1歳過ぎてくれば完治するようです。

おむつはまめに取り替え、ウンチの後は必ずおしりを洗ってあげましょう。特に、下痢の時は細菌が入り込みやすいので、念入りにおしりを洗うよう心がけてあげるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    2. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    3. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    ページ上部へ戻る