肛門周囲膿瘍は、おむつかぶれなどがきっかけで、肛門の近くや肛門陰かの大腸菌などが入り込み、炎症を起こして膿をもったおできができる病気です。

何回か繰り返し、乳児痔ろうになることもあります。ですが、2歳頃までにはほとんど自然に治ってしまうようです。

生まれて間もない生後1~2か月の男の赤ちゃんに多く見られ、女の子にはほとんど見られません。

肛門の周りが赤くはれあがり、痛みを伴います。赤ちゃんは皮膚がデリケートなので、ちょっとした傷から細菌が入り、そこが化膿してしまうことがあります。オムツを取り替えるときなど、肛門のあたりを注意してみてあげ、膿のようなものがあったり、赤く腫れていたりするようなときは、小児科の先生に相談しましょう。

触るとひどく痛がり、不機嫌になったり泣いたりします。外科手術で膿を出したりする治療が行われます。手術後も、1日おきに膿を出してあげたりするなど、手当てが必要で、お母さんも苦労しますが、1歳過ぎてくれば完治するようです。

おむつはまめに取り替え、ウンチの後は必ずおしりを洗ってあげましょう。特に、下痢の時は細菌が入り込みやすいので、念入りにおしりを洗うよう心がけてあげるといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    3. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    3. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    ページ上部へ戻る