亀頭(おちんちんの頭の部分)に汚れがたまったり、細菌が感染して炎症を起こす病気です。トイレトレーニング時期と、7歳以降は、起こしにくいといわれています。

症状は、赤くはれあがり、かゆみや痛みがあります。時には黄色いうみがパンツにつくこともあります。赤ちゃんがおしっこするたびに泣いたりするのはこれが原因のことも。
嵌頓包茎のときも、おちんちんの先が赤くはれる、痛がるなどの似た症状が出るので注意しましょう。

腫れや痛みが強いときは、すぐに受診してあげましょう。治療は、抗生薬入りの軟膏を局部に塗ると治ります。炎症が強いときは、飲み薬を処方してくれる場合もあります。

赤ちゃんのほとんどは、仮性包茎であるため、亀頭を包む包皮のひだに汚れが入り込みやすくなっています。お風呂のときに、そっと皮をおろして、溝の部分も汚れを落としてあげるとよいでしょう。強くこすったり無理にこすったりすると、それも皮膚をいため逆効果ですのでご注意を。

また、おむつについたうんちや、汚れた手でさわったことが原因で、炎症を起こす場合もあります。
おむつはいつも清潔にしておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    2. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る