亀頭(おちんちんの頭の部分)に汚れがたまったり、細菌が感染して炎症を起こす病気です。トイレトレーニング時期と、7歳以降は、起こしにくいといわれています。

症状は、赤くはれあがり、かゆみや痛みがあります。時には黄色いうみがパンツにつくこともあります。赤ちゃんがおしっこするたびに泣いたりするのはこれが原因のことも。
嵌頓包茎のときも、おちんちんの先が赤くはれる、痛がるなどの似た症状が出るので注意しましょう。

腫れや痛みが強いときは、すぐに受診してあげましょう。治療は、抗生薬入りの軟膏を局部に塗ると治ります。炎症が強いときは、飲み薬を処方してくれる場合もあります。

赤ちゃんのほとんどは、仮性包茎であるため、亀頭を包む包皮のひだに汚れが入り込みやすくなっています。お風呂のときに、そっと皮をおろして、溝の部分も汚れを落としてあげるとよいでしょう。強くこすったり無理にこすったりすると、それも皮膚をいため逆効果ですのでご注意を。

また、おむつについたうんちや、汚れた手でさわったことが原因で、炎症を起こす場合もあります。
おむつはいつも清潔にしておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    3. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…

    ピックアップ記事

    1. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    ページ上部へ戻る