外陰部膣炎とは、膣周辺でブドウ球菌や大腸菌が繁殖し、炎症を起こす病気です。

乳幼児には、成人女性の持つ膣かん菌がないため、防御機能がなく細菌に弱いのです。とくに乳児の場合はオムツをつけて外陰部がいつも湿っている状態なので、細菌が繁殖しやすくなります。

症状としては、外陰部が赤くはれてしまったり、血液がまじったり黄色いおりものが出たり、においがきつくなったりします。
おしっこのときに泣いたり、かゆがったりすることがあります。

治療は、病院にて抗生物質が必要ですが、すぐに治ります。飲み薬が処方されることもあります。

予防としては、オムツ交換はまめに行い、普段から清潔を保つことと、オムツを交換するときには、うんちの拭き残しがないようにする、お尻を拭いたあと、前を拭かない、濡れたオムツを長く付けない、入浴時は、外陰部のひだの中まできちんと洗う、などを心がけましょう。

洗うときは、ごしごし洗ったり、外性器の奥のほうまで洗うのは炎症をひどくさせてしまう場合があるので注意しましょう。

お尻を拭いたあと前を拭くと、うんちが外陰部や膣についてしまい炎症の原因になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    2. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    3. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    ページ上部へ戻る