鼠径ヘルニアとは、いわゆる脱腸のことです。 「ヘルニア」とは医学用語で「正常の位置にあるものが他の部位に飛び出してしまうこと」
をさします。

赤ちゃんがいきんだり、泣いたりしたとき、お風呂に入ってリラックスしたときに、足の付け根(鼠径)や陰嚢(おちんちんの根元の袋)
が柔らかくふくらんでいることがあります。これが鼠径ヘルニアの症状です。

これは、お腹の内側の膜(腹膜)が鼠径部の腹壁の弱くなっている部分を通って袋状に飛び出し、
そのなかに腸などの臓器が脱出することによって起こります。

原因としては、出産間際、赤ちゃんの睾丸がおなかから下りてくるときに、一緒に内臓を包む腹膜を連れてきます。
その膜が閉じないまま残ってしまうと、そこに腸が入りやすい状態になります。

腸が元に戻らない状態が長く続くと、その部分の細胞が死んでしまい、危険な状態になります。自然に治る場合もあるようですが、
手術などの治療法もあります。こうした状態を起こしやすい赤ちゃんの場合は、専門機関に相談して対処しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    2. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    3. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る