鼠径ヘルニアとは、いわゆる脱腸のことです。 「ヘルニア」とは医学用語で「正常の位置にあるものが他の部位に飛び出してしまうこと」
をさします。

赤ちゃんがいきんだり、泣いたりしたとき、お風呂に入ってリラックスしたときに、足の付け根(鼠径)や陰嚢(おちんちんの根元の袋)
が柔らかくふくらんでいることがあります。これが鼠径ヘルニアの症状です。

これは、お腹の内側の膜(腹膜)が鼠径部の腹壁の弱くなっている部分を通って袋状に飛び出し、
そのなかに腸などの臓器が脱出することによって起こります。

原因としては、出産間際、赤ちゃんの睾丸がおなかから下りてくるときに、一緒に内臓を包む腹膜を連れてきます。
その膜が閉じないまま残ってしまうと、そこに腸が入りやすい状態になります。

腸が元に戻らない状態が長く続くと、その部分の細胞が死んでしまい、危険な状態になります。自然に治る場合もあるようですが、
手術などの治療法もあります。こうした状態を起こしやすい赤ちゃんの場合は、専門機関に相談して対処しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    3. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    ページ上部へ戻る