スポンサードリンク

鼠径ヘルニアとは、いわゆる脱腸のことです。 「ヘルニア」とは医学用語で「正常の位置にあるものが他の部位に飛び出してしまうこと」
をさします。

赤ちゃんがいきんだり、泣いたりしたとき、お風呂に入ってリラックスしたときに、足の付け根(鼠径)や陰嚢(おちんちんの根元の袋)
が柔らかくふくらんでいることがあります。これが鼠径ヘルニアの症状です。

これは、お腹の内側の膜(腹膜)が鼠径部の腹壁の弱くなっている部分を通って袋状に飛び出し、
そのなかに腸などの臓器が脱出することによって起こります。

原因としては、出産間際、赤ちゃんの睾丸がおなかから下りてくるときに、一緒に内臓を包む腹膜を連れてきます。
その膜が閉じないまま残ってしまうと、そこに腸が入りやすい状態になります。

腸が元に戻らない状態が長く続くと、その部分の細胞が死んでしまい、危険な状態になります。自然に治る場合もあるようですが、
手術などの治療法もあります。こうした状態を起こしやすい赤ちゃんの場合は、専門機関に相談して対処しましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. AN001_L

      化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. AN001_L

      自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. AN001_L
      強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    3. AN001_L
      お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る