貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多発します。境界線がはっきりした、円形のとてもかゆい湿疹です。秋から冬にかけて発症、増殖し、夏は軽くなります。

赤いブツブツがみられたり、ブツブツが集まってジクジクし、黄色のかさぶたがつきます。子どもには少ないのですが、原因ははっきりわかっていません。皮膚についた細菌の感染が関係しているようです。アレルギーが原因という説もあり、皮膚の乾燥から誘発されて発症したりします。。

子どもの場合は、胴体にできることが多く、ついで手足にみられます。虫刺されをひっかいているうちにできることもあります。いったんは治っても、すぐにかゆみがぶりかえして、治りにくいことが多い皮膚炎です。掻くことでさらに症状が悪化する場合もあります。

十分な治療をしておかないと、自家感作皮膚炎という全身の皮膚炎になる場合もあるので、早めに専門医を受診した方がよいでしょう、

抗生物質入りのステロイド軟膏を塗り、さらに、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を内服します。細菌感染を引き起こしやすいので、軟膏を塗ったあとは、ガーゼ等で覆って患部を清潔に保つとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    2. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    3. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    ページ上部へ戻る