春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような赤いブツブツが腕や足にみられ、小さい水疱が混じっていることもあります。強いかゆみがあるのが特徴で、夜になるとひどくなります。

よく見られる場所は、虫に刺されやすい四肢伸側です。ほかの人にうつる心配はありませんが、かゆみが強いため、ひっかいたり、夜寝れなくなったりします。

春から夏にかけて多くみられるもので、生後4ヶ月から6歳ぐらいまでの乳幼児がかかりやすい皮膚のトラブルです。小学校に入るころには、ほとんど現れなくなっています。

以前は、食物アレルギーなどと関連づけられることもありました。しかし、最近では、虫刺されに対する免疫がまだ不十分な乳幼児が、ノミやブヨ、蚊などに刺されて、過敏に反応した結果起こると考えられています。

ひっかいたりしないように爪は短く切り、皮膚は清潔にしておくことが大切です。かゆみを止めるためには、抗ヒスタミン剤やステロイド剤などの入った軟膏を使います。

また、虫除けスプレーなどで、虫に刺されないように注意することも心がけましょう。虫のたくさんいる場所へ行く時は、長袖長ズボンの準備が基本です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    2. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    3. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    3. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る