うおの目の正式名称は鶏眼(けいがん)といいます。
うおの目とは、皮膚の一部の角質が厚くなった状態で、皮膚に、まさつなどの刺激や圧迫が繰り返し加わると生じます。

うおの目は、足の裏や足の指のあいだに多くみられます。たこに似ていますが、中央に魚や鶏の目のような芯があり、押すと痛みがあるのが特徴です。たこは痛みがありません。

うおの目は、芯を除去しないと痛みが消えないので、皮膚科でけずるのがよいでしょう。しかし、時間がたってかたくなったうおの目は、芯も深く除去するのが大変です。原因を取り除かなければ再発しやすいので、うおの目を発見したら すぐに取り除くことが大切です。

治療と予防には、外からの物理的な刺激や圧迫を防ぐことです。うおの目ができやすいという人は、まず、今まで履いている靴が自分の足にきちんとあっているのかを確認してみましょう。毎日履く靴です。この靴選びが間違っているために、うおの目ができやすくなっているのかもしれません。靴の中で全部の足の指を動かすことができるか、疲れやすくいか、などで判断できます。

うおの目とまぎらわしい、足の裏にできるいぼは、表面に黒褐色の展がみられます。傷つけたりすると、いぼのウイルスがほかの皮膚に感染して数がふえるので、皮膚科を受診しましょう。

うおの目と間違えて、削ってしまうとウイルスが感染し、大きく広がって数も増えていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る