強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に洗い流します。水の温度は室温が適切です。医療機関へ受診するよりも前にしなければいけない重要なことです。何よりも早く化学物質を取り除くことが大切です。対応が遅くなればなるほど、損傷がひどくなる可能性が高くなります。

洗い流したあとは、すぐ眼科医を受信します。口に飛沫が入ってしまった場合は、よくうがいをさせます。小さい子の場合は、ぬれた布などでふき取ります。

かってに軟膏、油、みそ、アロエをつけるなど、素人療法はけっしてしてはいけません。顔や目、口などのやけどの場合は、必ず受診することです。

やけどの程度は、3つの段階に分けられています。皮膚が赤くなってひりひりする程度を第一度、皮膚が赤くなって水ぶくれができたものを第二度、皮膚の表面がドロドロで焼けただれたものを第三度としています。

第二のやけどを全体の皮膚の表面積の30%以上、第三のやけどを10%以上していると、生命に関わることがあるので、早急に入院して治療しなければいけません。

家庭では、日頃から危険なものを教え、大人が常に注意するように心がけることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    3. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…

    ピックアップ記事

    1. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    ページ上部へ戻る