臍ヘルニア(出べそ)

未熟児の女児に多く、比較的多くの赤ちゃんにみられます。ほとんどは自然に治ります。腸管が皮膚におおわれたまま飛び出したものです。乳児期の初期はだんだん大きくなりますが、成長とともに小さくなります。

臍ヘルニアの大きさや出っ張りはいろいろですが、大きなものだと直径5センチ近くになることもあるそうです。ただし、おへそが飛び出てもその下にある腸がおなかの外にでてきたりすることはないので心配ありません。

腹筋は左右が中央であわさって腹壁をつくっていますが、おへその部分は左右の筋肉がわかれて孔(あな)になっています。乳児はこの筋肉が十分に発達しておらず、泣いたりして腹圧が高まったときに、腹膜といっしょに腸がとびだしておこります。

赤ちゃんがはいはいしたり、歩くようになって腹直筋が発達してくると、おへそはだんだん治ってきます。2歳頃までには、小さくなってきて、自然と治ることが多いようです。

おへそをコインで固定してもなおりません。ばんそうこうなどで炎症をおこすのでやめましょう。皮膚がかぶれたり、そこから感染を起こしたりすることもあります。

2歳を過ぎても治らない場合は、体の組織の一部や臓器が突出したヘルニアの部分を切除して、おへそをくぼませる手術をすることもあります。

うつ伏せで十分に遊ばせることは、予防につながります。泣いてもおへそが外に出ることはないので、自然に治っていくからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    2. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る