臍ヘルニア(出べそ)

未熟児の女児に多く、比較的多くの赤ちゃんにみられます。ほとんどは自然に治ります。腸管が皮膚におおわれたまま飛び出したものです。乳児期の初期はだんだん大きくなりますが、成長とともに小さくなります。

臍ヘルニアの大きさや出っ張りはいろいろですが、大きなものだと直径5センチ近くになることもあるそうです。ただし、おへそが飛び出てもその下にある腸がおなかの外にでてきたりすることはないので心配ありません。

腹筋は左右が中央であわさって腹壁をつくっていますが、おへその部分は左右の筋肉がわかれて孔(あな)になっています。乳児はこの筋肉が十分に発達しておらず、泣いたりして腹圧が高まったときに、腹膜といっしょに腸がとびだしておこります。

赤ちゃんがはいはいしたり、歩くようになって腹直筋が発達してくると、おへそはだんだん治ってきます。2歳頃までには、小さくなってきて、自然と治ることが多いようです。

おへそをコインで固定してもなおりません。ばんそうこうなどで炎症をおこすのでやめましょう。皮膚がかぶれたり、そこから感染を起こしたりすることもあります。

2歳を過ぎても治らない場合は、体の組織の一部や臓器が突出したヘルニアの部分を切除して、おへそをくぼませる手術をすることもあります。

うつ伏せで十分に遊ばせることは、予防につながります。泣いてもおへそが外に出ることはないので、自然に治っていくからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る