かわいい赤ちゃんを見たら、つい手を伸ばして触ったり、海外ではキスしてみたり・・・。こんな愛情表現が怖い病気をもたらす場合があります。

気をつけたいのは、ヘルペスです。ヘルペスはヘルペスウイルスに感染し、皮膚に水疱などができる病気です。ヘルペスも様々ありますが、赤ちゃんが移りやすいのは単純ヘルペスです。

水痘(みずぼうそう)・突発性発疹なども大きくヘルペスに分類されます。ヘルペスウイルスは強力で、食器などに付着すると3、4時間は生存しています。

このヘルペスウイルスの特徴は、最初に感染して免疫ができた後でも、体力が低下した時や外傷などの機会があれば、何度でも再発を繰り返します。

ヘルペスウイルスは、一度感染してしまうと、人間の神経細胞の中でじっと潜伏して隠れ潜んでいます。隠れ潜んでいる時は、何の症状もありませんが、体力が低下した時などに、急に現れて暴れだすとても厄介なウイルスなのです。

ヘルペスは、人との接触により感染します。直接的な感染はもちろん、ウイルスがついたタオルなどから感染します。親子や夫婦など接触する機会が多い間柄で感染することが多いでしょう。

ヘルペスの治療は、早ければ早いほど治りも早くなります。病気のある場所や程度になどによって、塗り薬や飲み薬などに使い分けられます。

いずれにせよ、ヘルペスは、とても感染力の強い病気です。症状が出ているときに赤ちゃんに触れる場合は、手をよく洗い、患部は近づけないようにし、タオルや食器などにもウイルスがつかないようにすることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    2. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    3. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…

    ピックアップ記事

    1. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    2. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    3. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    ページ上部へ戻る