扁平母斑は、その色合いからカフェオレ・スポットとも呼ばれます。これは、皮膚から隆起しない褐色の扁平(へんぺい)なあざで、表皮のメラニンが多くなっているものです。生まれつき赤ちゃんの時からある場合と、生後現れる場合があります。

扁平母斑は、体のどこにでもできて、大きさや形もさまざまです。色も淡い褐色から黒褐色、薄い褐色斑のなかに黒色・黒褐色の小斑があるなど、多種多様です。

大きくなることはないですが、自然に消えることもありません。小さいものや気にならない部位であればほうっておいて大丈夫です。しかし、顔や腕など、肌の露出部で気になる場合はレーザー治療などをすると薄くなります。

しかし、扁平母斑の場合、一般的にレーザー治療の効果がでにくいといわれています。レーザー治療で一時的に消すことはできても、約半数はまた出てくるそうです。

丸いミルクコーヒー色のあざが、赤ちゃんの時から6個以上ある場合には、「神経線維症1型」が疑われます。神経、目、骨など皮膚科以外の場所にも症状が出てくる可能性がある症候群です。すぐに総合病院の皮膚科を受診した方がよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…

    ピックアップ記事

    1. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    2. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    3. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    ページ上部へ戻る