扁平母斑は、その色合いからカフェオレ・スポットとも呼ばれます。これは、皮膚から隆起しない褐色の扁平(へんぺい)なあざで、表皮のメラニンが多くなっているものです。生まれつき赤ちゃんの時からある場合と、生後現れる場合があります。

扁平母斑は、体のどこにでもできて、大きさや形もさまざまです。色も淡い褐色から黒褐色、薄い褐色斑のなかに黒色・黒褐色の小斑があるなど、多種多様です。

大きくなることはないですが、自然に消えることもありません。小さいものや気にならない部位であればほうっておいて大丈夫です。しかし、顔や腕など、肌の露出部で気になる場合はレーザー治療などをすると薄くなります。

しかし、扁平母斑の場合、一般的にレーザー治療の効果がでにくいといわれています。レーザー治療で一時的に消すことはできても、約半数はまた出てくるそうです。

丸いミルクコーヒー色のあざが、赤ちゃんの時から6個以上ある場合には、「神経線維症1型」が疑われます。神経、目、骨など皮膚科以外の場所にも症状が出てくる可能性がある症候群です。すぐに総合病院の皮膚科を受診した方がよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    3. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    ページ上部へ戻る