伝染性ウィルスの感染によっておこります。直径1~3ミリくらいでみずみずしくて光沢があり、白や肌色、赤い色のいぼが胴体、ひじ、ひざの裏側、股などを中心に全身にできます。

よく見るといぼの中心が少しへこんでいるのが特徴です。非常に伝染性が強いもので、つぶすと出てくるおかゆ状の内容物がほかの皮膚につくと、どんどん数が増えていきます。ひっかいてウイルスが飛び散ると、ほかの子供にうつることがあるので注意が必要です。

また、アトピー性皮膚炎の子は感染しやすいので、早めに治療した方がよいでしょう。

伝染性なので、ほかの部位にうつらないように患部を保護します。入浴後は水いぼの部分だけ最後に軽くおさえるようにふいてください。患部は清潔をたもち、かきこわさないようにすることが大切です。

時間はかかりますが、放っておいても自然に治ります。しかし、ほかの子どもに感染することを考えると、早めに治療してあげたいものです。アトピー性皮膚炎の子は、かゆみでひっかきやすいので、水いぼが増えやすく悪化させやすいので、早めに治療してあげることが重要です。水いぼの数が増えてからでは治療も大変です。

治療は、ピンセットで取る方法が一般的ですが、痛みを伴います。各病院で痛みのないいろいろな方法を工夫しているようですので、何回も繰り返すようなら専門医を受診してもいいでしょう。

水いぼがあるときは、タオルの共有は避け、プールや銭湯も控えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る