オムツかぶれがなかなか治らないときは、カンジタ性皮膚炎の疑いがあります。
カビの一種であるカンジタ菌が感染して起こした皮膚炎で、おしりや股にできやすいのです。皮膚や便にあるカンジタ菌が高温多湿のオムツの中で繁殖するのが原因です。

症状としては、おむつかぶれやあせもとよく似ていて、オムツに触れる部分が真っ赤にただれます。

見分けるポイントは、赤くなった部分の周りにうみを持った小さなブツブツができ、周囲の皮がむけ、かさかさしていること。また、おむつかぶれはシワの奥にはできませんが、カンジダ性皮膚炎はシワの奥まで赤くなるのが特徴です。

実際には、オムツかぶれを起こしたところにカンジタ菌がつくこともあり、オムツかぶれとの見分けは難しいかもしれません。

ホームケアをきちんとしていて、塗り薬などを塗っていてもオムツかぶれがなかなかよくならないときは受診しましょう。

おむつかぶれとカンジダ性皮膚炎では、処方薬が全く違うので、まずは、皮膚科へ相談してみましょう。カンジダ性皮膚炎の場合は、抗真菌薬を1日数回塗っていれば、1~2週間で治ります。

単なるオムツかぶれに抗真菌薬を塗ると悪化させることがあります。カンジタ性皮膚炎かオムツかぶれかはっきりしないときは、受診したほうが安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    3. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…

    ピックアップ記事

    1. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    ページ上部へ戻る