太田母斑は、顔の目のまわり、頬や額、こめかみや鼻、耳などにできる、青や青紫に見える平らなあざのことです。褐色の点々が混在しています。

なぜか女の子にできやすいのが特徴です。男の子は女の子に比べ、4分の1くらいの割合です。皮膚の真皮層に、メラニン色素を造る色素細胞が増える疾患です。

生まれた時からあるものもありますが、多くは思春期に発症し、症状が進んでしまいます。稀に両側にできることもありますが、通常顔の片側にできます。眼球の表面や口の粘膜にも見られることがあります。

悪性化することはありませんが、自然に消えることはなく、思春期になるとさらに濃くなる傾向があります。レーザー治療により、切らずに完治させることが可能になりました。医療機関によって、レーザーも保険がきくようになってきたので、負担も減ってきました。

レーザーは強力なエネルギーを出す人口光線で、いろいろな波長に設定できます。皮膚にレーザー光線を照射すると、その波長にあった色素や細胞だけが壊れてはがれ、あたしい皮膚ができて母斑が消えます。

母斑によって、レーザー治療が効くものと効かないものがあるようですが、一般的に太田母斑は効果がよく出るようです。

レーザー治療は副作用藻なく安全に行える治療法です。赤ちゃんの皮膚は薄いので、大人に比べてレーザー治療の効果が上がりやすいようです。母斑のレーザー治療は、皮膚科や形成外科で行っていますが、レーザー治療の機械はどこの病院にもあるわけではないようですので、
事前に専門医に相談するとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    2. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る