表面が盛り上がって「イチゴによく似ているな」と見える赤あざのことです。赤ちゃんが生まれて、1週間から1ヶ月くらいで斑点が現れ、しだいに盛り上がっていきます。

生後3か月くらいまで大きくなり、ふくらんでぶつぶつしていますが、少しずつ赤みが消え、大部分は小学校入学くらいには消えてなくなります。

イチゴ状血管腫は、毛細血管が異常増殖して起きる赤あざの一種です。皮膚の表面から皮下組織にできることもあり、できる場所や大きさは様々です。

今までは、自然に消えるので、ほっておくのが一般的でしたが、初期に治療を始めると、広がりも少なく、短期間できれいになるのがわかってきました。

イチゴ状血管腫は、こすれるとただれて潰瘍になると、跡が残りやすくなります。レザー治療が必要かどうかなど、見つけたら早めに専門医に相談しましょう。

また、まぶたなど目の周辺や鼻の穴の近くにあるとき、唇や肛門周辺にあるときは、視力や呼吸、排泄に影響を及ばすことがあるので、すぐに皮膚科を受診しましょう。

盛り上がる前ならダイレーザー治療をすると大きくなるのを防ぐことができます。
呼吸や視力に支障をきたすようなら、ステロイド剤を飲むこともあるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    2. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    3. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    ページ上部へ戻る