表面が盛り上がって「イチゴによく似ているな」と見える赤あざのことです。赤ちゃんが生まれて、1週間から1ヶ月くらいで斑点が現れ、しだいに盛り上がっていきます。

生後3か月くらいまで大きくなり、ふくらんでぶつぶつしていますが、少しずつ赤みが消え、大部分は小学校入学くらいには消えてなくなります。

イチゴ状血管腫は、毛細血管が異常増殖して起きる赤あざの一種です。皮膚の表面から皮下組織にできることもあり、できる場所や大きさは様々です。

今までは、自然に消えるので、ほっておくのが一般的でしたが、初期に治療を始めると、広がりも少なく、短期間できれいになるのがわかってきました。

イチゴ状血管腫は、こすれるとただれて潰瘍になると、跡が残りやすくなります。レザー治療が必要かどうかなど、見つけたら早めに専門医に相談しましょう。

また、まぶたなど目の周辺や鼻の穴の近くにあるとき、唇や肛門周辺にあるときは、視力や呼吸、排泄に影響を及ばすことがあるので、すぐに皮膚科を受診しましょう。

盛り上がる前ならダイレーザー治療をすると大きくなるのを防ぐことができます。
呼吸や視力に支障をきたすようなら、ステロイド剤を飲むこともあるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    3. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…

    ピックアップ記事

    1. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    3. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    ページ上部へ戻る