シラミの一種が起こす皮膚炎で、最近、保育園や幼稚園、小学校などで集団発生がみられます。アタマジラミは季節に関係なく発生し、人から人に移っていきます。
アタマジラミを発見したら、すぐ関係者に報告し対応することで、被害を最小限におさえることができます。

アタマジラミの成虫は、灰黒色で数も少なく見つけにくいのでちょっと厄介です。なので、アタマジラミを見つける方法としては、卵の有無で判断します。

髪の毛の根元に、アタマジラミの卵(0.5ミリメートルの白い楕円形)が付着して、ふけのように見えます。軽いブラッシングや指でしごいても簡単には取れないのが特徴です。

アタマジラミは頭髪に卵を産みつけ、頭皮から吸血します。かゆみの強い赤い丘疹(きゅうしん)ができ、かくと化膿したり首のリンパ節がはれます。子どもが、痒がり頭をボリボリかいていたら要注意です。

アタマジラミを発見したら、感染を広げないために、タオルや寝具は別々なものを使いましょう。また、枕カバーやタオルは毎日洗濯し、布団や部屋も清潔にすることが必要です。洗髪も毎日します。

アタマジラミができたら、頭髪にシラミ駆除剤をふりかけての洗髪を、数回繰り返します。一般的には、薬剤は1日1回、2日おきに4回繰り返して使用します。

適切な処置をすれば10日程でアタマジラミはいなくなります。
ていねいにブラッシングをして卵を除去し、駆除後もかゆがっていたら髪の毛をよく観察するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    2. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る