シラミの一種が起こす皮膚炎で、最近、保育園や幼稚園、小学校などで集団発生がみられます。アタマジラミは季節に関係なく発生し、人から人に移っていきます。
アタマジラミを発見したら、すぐ関係者に報告し対応することで、被害を最小限におさえることができます。

アタマジラミの成虫は、灰黒色で数も少なく見つけにくいのでちょっと厄介です。なので、アタマジラミを見つける方法としては、卵の有無で判断します。

髪の毛の根元に、アタマジラミの卵(0.5ミリメートルの白い楕円形)が付着して、ふけのように見えます。軽いブラッシングや指でしごいても簡単には取れないのが特徴です。

アタマジラミは頭髪に卵を産みつけ、頭皮から吸血します。かゆみの強い赤い丘疹(きゅうしん)ができ、かくと化膿したり首のリンパ節がはれます。子どもが、痒がり頭をボリボリかいていたら要注意です。

アタマジラミを発見したら、感染を広げないために、タオルや寝具は別々なものを使いましょう。また、枕カバーやタオルは毎日洗濯し、布団や部屋も清潔にすることが必要です。洗髪も毎日します。

アタマジラミができたら、頭髪にシラミ駆除剤をふりかけての洗髪を、数回繰り返します。一般的には、薬剤は1日1回、2日おきに4回繰り返して使用します。

適切な処置をすれば10日程でアタマジラミはいなくなります。
ていねいにブラッシングをして卵を除去し、駆除後もかゆがっていたら髪の毛をよく観察するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    2. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    3. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…

    ピックアップ記事

    1. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    ページ上部へ戻る