スポンサードリンク

あせものよりとは、汗の量が多くなる6月~9月の夏季に発症することが多く、あせもをかきこわした傷あとに、黄色ブドウ球菌が感染しておこります。

はじめは、あせもの部分が赤く小さいしこりになり、しだいに大きくなって、ぶよぶよして膿んできます。さらに化膿がすすむと黄色い膿みがでます。痛みが強いため、赤ちゃんは不きげんになり、発熱することもあります。

あせもが悪化し、あせものよりになってしまったら、病院での治療が必要です。
自然に膿が出るのを待つとあとが残り、脱毛したりする心配があります。

患部を切開して膿みをだし、アクリノール亜鉛華単(あえんかたん)軟膏を塗って炎症をおさえます。さらに、ブドウ球菌に有効な抗生物質を服用します。

あせものよりを防ぐには、やはりあせもを悪化させないことが大切です。
赤ちゃんには、大人と同じ数の汗腺があり、新陳代謝が活発なので汗を大量にかきます。なので、赤ちゃんに絶対あせもができないようにすることは難しいことですが、家庭でのケアで、悪化を防ぐことは十分に可能です。

あせもの悪化を防ぐには、こまめにシャワーを浴びるなどして肌を清潔に保つ、綿100%の衣類を着せる、汗をたくさんかいたときはすぐ着替えるなど、ちょっとしたケアがかなり効果的です。外遊びの時は、濡れたおしぼりを持参していくと重宝します。

また、あせもをかきむしらないように爪を切っておく、髪が長い子の場合は、髪を束ねて肌に当たらないようにしてあげるとよいでしょう。

シッカロールなどの粉は、汗が付着して悪化する可能性もあるので、様子をみて使いましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    2. AN001_L

      新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. AN001_L

      ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. AN001_L
      O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    3. AN001_L
      胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    ページ上部へ戻る