りんご病はヒトパルボウイルスによって起こる病気です。ほっぺがりんごのように赤くなるので、りんご病と呼ばれています。

りんご病になると、太ももや腕には赤い斑点やまだら模様ができます。頬がほてったり少しかゆくなることもあります。
熱は出たとしても微熱程度で、子供たちにとっては軽い病気です。

それほど強い症状の出る病気ではないので、ふだんどおりの生活で大丈夫です。でも、治りかけに日に当ったり、
冷たい風に当ったりすると再び発疹の色が濃くなり、再燃することがあるので気をつけましょう。

りんご病に感染力があるのは、発疹が出る前1週間くらいの間です。発症した時点では、すでに人にはうつりません。そのため、
皮膚症状だけなら、学校などを休まなくてもいいでしょう。

しかし、妊婦さんが妊娠20週未満に感染すると大変です。

母体がりんご病にかかった場合、胎児水腫という重い貧血になることが2割くらいの確率で起こってしまいます。
ウイルスが赤ちゃんの赤血球を作る細胞を壊すため、赤ちゃんは貧血になり、
薄い血液を大量に循環させなければならないので心臓に無理がかかり、むくんできます。そのうち半分は流産してしまいます。妊娠中の方は、
りんご病がはやっているときは、十分注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る