溶連菌感染症は、A群β溶血性連鎖球菌、通称溶連菌に感染することで起こる病気です。

かつて、しょうこう熱として恐れられた病気も、この一種です。一般的には舌がイチゴのように赤く発疹ができ、
全身にも広がる症状で知られていますが、3歳以下の乳幼児の場合、発疹まではいかず、風邪のような症状で終わる場合も少なくないようです。

風邪と違うのは、細菌性なので、細菌を殺さないと、病気が治らない点です。のどが腫れていたり、発疹のようなものが出来ていたり、2、
3日経っても症状がよくならないような場合は、専門医に相談することが必要です。

またこの場合、抗生物質が出されますが、医師の指示を守らず、勝手に途中で止めたりすると、症状はおさまっていても、
細菌がまだ生き残っていたりして支障がでます。きちんとお薬を飲みきるよう、注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    2. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    3. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る