溶連菌感染症は、A群β溶血性連鎖球菌、通称溶連菌に感染することで起こる病気です。

かつて、しょうこう熱として恐れられた病気も、この一種です。一般的には舌がイチゴのように赤く発疹ができ、
全身にも広がる症状で知られていますが、3歳以下の乳幼児の場合、発疹まではいかず、風邪のような症状で終わる場合も少なくないようです。

風邪と違うのは、細菌性なので、細菌を殺さないと、病気が治らない点です。のどが腫れていたり、発疹のようなものが出来ていたり、2、
3日経っても症状がよくならないような場合は、専門医に相談することが必要です。

またこの場合、抗生物質が出されますが、医師の指示を守らず、勝手に途中で止めたりすると、症状はおさまっていても、
細菌がまだ生き残っていたりして支障がでます。きちんとお薬を飲みきるよう、注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    2. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    2. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る