黄疸とは、血液中のビリルビンが増加して皮膚や粘膜にたまり、黄色になった状態をいいます。

 

赤ちゃんは、普通、生後3~4日ごろに黄疸になります。そして元に戻ります。しかし、その黄疸がなかなか消えないで、
1カ月ぐらい続くことがあります。これは母乳の赤ちゃんに多く、母乳黄疸といわれます。

母乳の中のホルモンが、赤ちゃんの肝臓の黄疸を消す働きを抑えるためといわれています。母乳黄疸は害がありませんから、
そのまま母乳を続けてください。母乳には胎便の排泄を促進する成分が含まれています。胎便には、多くのビリルビンが含まれているので、
母乳をたくさん飲んで早く便を出したほうが良いのです。

しかし、全身に黄疸が強く出て尿も黄色くなり、便が白っぽいときには、新生児肝炎や胆道閉鎖症などの病気のことがありますから、
医師の診断を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    2. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    3. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    ページ上部へ戻る