黄疸とは、血液中のビリルビンが増加して皮膚や粘膜にたまり、黄色になった状態をいいます。

 

赤ちゃんは、普通、生後3~4日ごろに黄疸になります。そして元に戻ります。しかし、その黄疸がなかなか消えないで、
1カ月ぐらい続くことがあります。これは母乳の赤ちゃんに多く、母乳黄疸といわれます。

母乳の中のホルモンが、赤ちゃんの肝臓の黄疸を消す働きを抑えるためといわれています。母乳黄疸は害がありませんから、
そのまま母乳を続けてください。母乳には胎便の排泄を促進する成分が含まれています。胎便には、多くのビリルビンが含まれているので、
母乳をたくさん飲んで早く便を出したほうが良いのです。

しかし、全身に黄疸が強く出て尿も黄色くなり、便が白っぽいときには、新生児肝炎や胆道閉鎖症などの病気のことがありますから、
医師の診断を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る