黄疸とは、血液中のビリルビンが増加して皮膚や粘膜にたまり、黄色になった状態をいいます。

 

赤ちゃんは、普通、生後3~4日ごろに黄疸になります。そして元に戻ります。しかし、その黄疸がなかなか消えないで、
1カ月ぐらい続くことがあります。これは母乳の赤ちゃんに多く、母乳黄疸といわれます。

母乳の中のホルモンが、赤ちゃんの肝臓の黄疸を消す働きを抑えるためといわれています。母乳黄疸は害がありませんから、
そのまま母乳を続けてください。母乳には胎便の排泄を促進する成分が含まれています。胎便には、多くのビリルビンが含まれているので、
母乳をたくさん飲んで早く便を出したほうが良いのです。

しかし、全身に黄疸が強く出て尿も黄色くなり、便が白っぽいときには、新生児肝炎や胆道閉鎖症などの病気のことがありますから、
医師の診断を受けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    3. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    ページ上部へ戻る