とびひ・伝染性膿痂疹

とびひは顔や身体に水泡が出来て、あちこちに広がっていく皮膚の病気です。
一度出来るとまるで飛び火のように体のあちこちに飛びうつるため、この名前があります。

あせもや虫さされ、湿疹などをかきむしって皮膚が傷つくと、黄色ブドウ球菌がそこから入り込み、繁殖します。これがとびひです。

とびひの正式名称は「伝染性膿痂疹(でんせいせいのうかしん)」といい、黄色ブドウ球菌という細菌が、
肌にできた傷に感染して起こります。ブドウ球菌は通常でも皮膚についている菌ですが、肌に傷さえつかなければとびひにならないのです。

初めは透明の水ぶくれができ、膿をもって黄色くなります。かゆいので掻いたり、衣服などでこすれたりしてしまうと、
潰れて中の汁がでます。そこを掻いた手で他をさわると、どんどん広がっていくのです。

水ぶくれが破れ、赤くただれた皮膚があらわれた後、そこが黄色いかさぶたになります。かさぶたがはがれ、
皮膚もきれいになったら治ります。

家庭でのケア

家庭では、とびひを広げないように注意しましょう。

本人だけでなく、まわりにも移るので、治るまではタオルなどを専用にして、家族にうつらないような心がけが必要です。
生後間もない赤ちゃんにうつると、敗血症や肺炎などを併発する恐れがあります。大人にはうつりません。

皮膚の表面は、皮脂などの作用で弱酸性に保たれ、細菌感染を防いでいます。汗や洗い過ぎで弱酸性が弱まるのもとびひになる原因です。
虫刺されの跡などを掻かないようにし、いつもつめを短く切って、とびひを予防しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る