手足口病は、ウイルスが原因で起きます。この病気は夏かぜの一種で、エンテロウイルスの中のいくつかのウイルスが原因です。

過去にも90年、95年と大流行したことがあったそうです。手のひら、足の裏、口の中、ときにはおしりやひざの裏に、
米粒大の水疱ができます。そのため、手足口病と呼ばれます。

赤ちゃんから4歳くらいの子どもがかかりやすく、感染してから手足口病の症状がでるまでの期間は、一般的に3日から6日です。

病気の始まりは軽い発熱で、中に水を持った水ぶくれのような小さな発疹が手、足、そして口の中にできます。口の中に発疹ができると、
食べ物がしみて食欲が落ち、機嫌が悪くなることも。口当たりのよい、のどごしのよいものを食べさせましょう。水や果汁も飲めないときは、
医師に相談してください。

普通はぷつぷつが出来ていても、かゆみや痛みはなく、熱があっても2~3日で下がり、水疱が破れて口内炎になっても、
1週間から10日程度で自然に治ります。ただ、発疹があらわれた時点で、念のため小児科を受診しておくと安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    2. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る