手足口病は、ウイルスが原因で起きます。この病気は夏かぜの一種で、エンテロウイルスの中のいくつかのウイルスが原因です。

過去にも90年、95年と大流行したことがあったそうです。手のひら、足の裏、口の中、ときにはおしりやひざの裏に、
米粒大の水疱ができます。そのため、手足口病と呼ばれます。

赤ちゃんから4歳くらいの子どもがかかりやすく、感染してから手足口病の症状がでるまでの期間は、一般的に3日から6日です。

病気の始まりは軽い発熱で、中に水を持った水ぶくれのような小さな発疹が手、足、そして口の中にできます。口の中に発疹ができると、
食べ物がしみて食欲が落ち、機嫌が悪くなることも。口当たりのよい、のどごしのよいものを食べさせましょう。水や果汁も飲めないときは、
医師に相談してください。

普通はぷつぷつが出来ていても、かゆみや痛みはなく、熱があっても2~3日で下がり、水疱が破れて口内炎になっても、
1週間から10日程度で自然に治ります。ただ、発疹があらわれた時点で、念のため小児科を受診しておくと安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    2. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 先天的な病気です。その名のとおり、先天的に胆道が拡張している病気です。子供のときに見つかることが…
    2. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    3. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る