様々あるヘルペスの中で、赤ちゃんに発生しやすいのが単純ヘルペスと呼ばれます。

単純ヘルペスも2つに分類され、0~2歳で初めて単純ヘルペスウイルスに感染すると、ヘルペス性歯肉口内炎が起こりやすいようです。

口の粘膜や歯肉、口のまわりが赤くなったり、水ぶくれ(水疱)になったり、びらん、潰瘍ができたり、よだれが多くなったり、
口臭がひどくなったりします。

その他の症状としては、首のリンパ節の腫れ、発熱、だるさなどもあります。

もう一つ発生しやすい単純ヘルペスはカポジ水痘様発疹症です。

これは5歳までのアトピー性皮膚炎を持つ子供にみられ、併発するとアトピーの部分が赤く腫れあがり、
水ぶくれ(水疱)やかさぶたができます。

顔の部分のヘルペスが広がり、進行すると視力に影響を及ぼす角膜ヘルペスなどになりますので、注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…

    ピックアップ記事

    1. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    2. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    3. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    ページ上部へ戻る