様々あるヘルペスの中で、赤ちゃんに発生しやすいのが単純ヘルペスと呼ばれます。

単純ヘルペスも2つに分類され、0~2歳で初めて単純ヘルペスウイルスに感染すると、ヘルペス性歯肉口内炎が起こりやすいようです。

口の粘膜や歯肉、口のまわりが赤くなったり、水ぶくれ(水疱)になったり、びらん、潰瘍ができたり、よだれが多くなったり、
口臭がひどくなったりします。

その他の症状としては、首のリンパ節の腫れ、発熱、だるさなどもあります。

もう一つ発生しやすい単純ヘルペスはカポジ水痘様発疹症です。

これは5歳までのアトピー性皮膚炎を持つ子供にみられ、併発するとアトピーの部分が赤く腫れあがり、
水ぶくれ(水疱)やかさぶたができます。

顔の部分のヘルペスが広がり、進行すると視力に影響を及ぼす角膜ヘルペスなどになりますので、注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    2. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    2. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    3. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    ページ上部へ戻る