単純性血管腫は、別名ポートワイン・ステインといい、生まれたときより存在する、境界明瞭で平らなあざです。

大きさ・形・色は様々です。色が赤ワインに似ているので、ポートワイン・ステインと呼ばれています。皮膚の深いところ(真皮)
の毛細血管が拡張したもので、自然に消えることはなく、皮膚科、形成外科の先生の下で治療をしてもらいます。

単位面積あたりの血管の数が増えていて、神経の数が減少しているという報告があります。毛細血管を支配する神経が少ないため、
拡張しっぱなしなので赤く見える、と一般的に言われています

自然に消えることはありませんので、レーザー治療の必要があります。
顔面や頭部に生じたものは成人になると盛り上がってくることがあるので、盛り上がる前にレーザー治療を行います。また、
上まぶたに生じたものは、視力障害が起こる可能性がありますので、できるだけ早く治療を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る