狂犬病は、狂犬病ウイルスに感染した動物の咬み傷から感染します。最初は風邪に似た症状と、かまれた部分のかゆみ、熱感があります。

急性期には、不安感、水を恐れるようになる恐水症状、興奮、麻痺や精神錯乱などの神経症状が現れ、その2~7日後に昏睡に陥り、
呼吸障害によって死んでしまいます。

1957年以降、日本では発生していませんが、海外で、まだその危険のある国や地域があります。潜伏期間が長いので、
帰国してからの発症も考えられます。

犬にかまれた場合、傷口を洗い、すぐに消毒します。皮膚がはがれていなければ、よく洗い流します。
刺激の少ない石けんがあれば使います。

消毒は、あとで医師が傷の状態をくわしくみるために、無色透明の消毒液がいいでしょう。傷が大きくて、出血がひどい場合は、
直接患部を圧迫して止血(しけつ)をし、救急車を呼ぶなどして病院へ行きます。

かまれたら、狂犬病ワクチン摂取の有無を飼い主に確認し、ワクチンを打っていない場合は、保健所や医療機関、
国立感染症研究所などに相談します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…

    ピックアップ記事

    1. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    2. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    3. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    ページ上部へ戻る