赤ちゃんは、生後3~4日すると皮膚が黄色くなってきて、1週間から10日でもとに戻ります。これは、
生理的黄疸といって心配のない黄疸です。

黄疸とは、赤血球の分解されたあとの物質であるビリルビンが増加(高ビリルビン血症)するために、皮膚や粘膜にたまり、
黄色になった状態をいいます。

どうして赤ちゃんに黄疸が出るかと言うと、赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいるとき、自分で呼吸できないので、
たくさんの赤血球を持ち胎盤を通してガス交換をしているのです。血液の赤血球にあるヘモグロビンといわれる血色素は、
大人では12~15mg/dlですが、赤ちゃんはなんと18mg/dlもあります。それで、赤く見えます。

赤ちゃんも生まれると自分で呼吸をするので、そんなにたくさんの赤血球は必要なくなります。そこで、不要になった赤血球を壊すと、
黄疸の物質ビリルビンがでます。このビリルビンは、肝臓で処理されるのですが、赤ちゃんはこの働きが不十分なために黄疸が出てしまうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…

    ピックアップ記事

    1. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    2. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る