かたいいぼで、おもに乳幼児や学童にみられる尋常性いぼと、思春期ごろに多発する青年性扁平いぼがあります。

尋常性いぼは、手足の甲や指、詰めのまわり、ひじ、ひざがしらなどによくみられ、顔にも出ることがあります。

はじめは半米粒大の小さいブツブツですが、だんだん大きくなって皮膚から盛り上がり、直系2~10ミリぐらいになります。
いぼの色は灰色で、表面はザラザラしてかたくなります。ふつう、痛みやかゆみなどの自覚症状はありません。

数個くっついて大きくなることもあり、足の裏にできると盛り上がらないため、うおの目とまちがわれます。しかし、
乳幼児や学童にうおの目ができることはまれです。

それに対し、青年性扁平いぼは、思春期のころに多発します。しかし、10歳以下の子どもにもみられることがあります。顔、
とくに額とほお、手の甲などに出現します。尋常性いぼと併発することもあります。

大きさは2ミリから5ミリくらいで、表面は平らです。色は皮膚と同色か灰色、あるいは赤みを帯びていて、
にきびとまちがえることもあります。

一度にたくさんできるのが特徴で、ひっかいたあとの線にそって出ることもあります。自分自身に感染してふえるのはもちろんのこと、
人にもうつります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    3. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…

    ピックアップ記事

    1. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    2. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    3. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    ページ上部へ戻る