かたいいぼで、おもに乳幼児や学童にみられる尋常性いぼと、思春期ごろに多発する青年性扁平いぼがあります。

尋常性いぼは、手足の甲や指、詰めのまわり、ひじ、ひざがしらなどによくみられ、顔にも出ることがあります。

はじめは半米粒大の小さいブツブツですが、だんだん大きくなって皮膚から盛り上がり、直系2~10ミリぐらいになります。
いぼの色は灰色で、表面はザラザラしてかたくなります。ふつう、痛みやかゆみなどの自覚症状はありません。

数個くっついて大きくなることもあり、足の裏にできると盛り上がらないため、うおの目とまちがわれます。しかし、
乳幼児や学童にうおの目ができることはまれです。

それに対し、青年性扁平いぼは、思春期のころに多発します。しかし、10歳以下の子どもにもみられることがあります。顔、
とくに額とほお、手の甲などに出現します。尋常性いぼと併発することもあります。

大きさは2ミリから5ミリくらいで、表面は平らです。色は皮膚と同色か灰色、あるいは赤みを帯びていて、
にきびとまちがえることもあります。

一度にたくさんできるのが特徴で、ひっかいたあとの線にそって出ることもあります。自分自身に感染してふえるのはもちろんのこと、
人にもうつります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    2. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    3. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    ページ上部へ戻る