カテゴリー:嘔吐・下痢をともなう症状

  • アセトン血性嘔吐症

    「アセトン血性嘔吐症」は「自家中毒症」または「周期性嘔吐症」ともいわれます。おもに2歳から10歳くらいの子供がかかりやすく、 尿にアセトンが出るとこの病気です。熱が高いなどの病気と合併しておきる時と、はっきり精神的なス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ロタウイルス

    感染性胃腸炎を引き起こすウイルス。ロタ(rota)は、ラテン語で「車輪」を意味しますが、その名の通り、車輪の名のような形をしています。 日本やアメリカでは2歳までのほとんどの子供がかかるといわれ、症状としては、水状の下…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    ページ上部へ戻る