カテゴリー:嘔吐・下痢をともなう症状

  • アセトン血性嘔吐症

    「アセトン血性嘔吐症」は「自家中毒症」または「周期性嘔吐症」ともいわれます。おもに2歳から10歳くらいの子供がかかりやすく、 尿にアセトンが出るとこの病気です。熱が高いなどの病気と合併しておきる時と、はっきり精神的なス…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ロタウイルス

    感染性胃腸炎を引き起こすウイルス。ロタ(rota)は、ラテン語で「車輪」を意味しますが、その名の通り、車輪の名のような形をしています。 日本やアメリカでは2歳までのほとんどの子供がかかるといわれ、症状としては、水状の下…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…

    ピックアップ記事

    1. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    2. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    3. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    ページ上部へ戻る