O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます。牛、羊などの腸にいて処理の途中で肉に付着するといわれ、発症の多くは食肉や汚染された井戸水が原因です。

潜伏期間は4~9日で、血便をともなうはげしい下痢、腹痛、発熱などがあり、症状はとても重くなるので注意が必要です。ときには命にかかわるほど重症になります。

大腸菌の中には、病原性のないものもあるのですが、O-157はとても強力な毒であるベロ毒素をつくりだし、10%の率で、容血性尿毒症症候群(HUS)を合併することがあります。

容血性尿毒症症候群(HUS)は、貧血、血小板の減少、腎不全をきたし、さらに、けいれん、意識障害を起こすことがあります。赤ちゃんの場合は、急性腎不全や急性脳症を起こして死に至る危険性もあります。

食中毒を予防するには、生で食べる食品は流水で洗うことが基本です。そして、新鮮な食材を購入し、早めに使い切ることも大切です。加熱すべきものは十分に加熱殺菌します。保存には冷蔵庫を過信しないことが重要です。調理前には、手や指を石鹸できちんと洗い、食事の前にも手を洗う習慣を心がけることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    2. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    ページ上部へ戻る