生まれたばかりの赤ちゃんがお乳を飲んだ後、ちょっと体を動かしただけでも勢いよく吐くことがあります。これを噴門弛緩症といい、赤ちゃんの食道と胃の間の筋肉が緩いために起こります。

赤ちゃんはもともと脳の発達が未熟であること、赤ちゃんの胃はくびれが少なく胃の入り口(噴門)の締りがゆるいために逆流がおこりやすいこと、授乳中に空気を飲み込みやすいことなどの理由から、嘔吐しやすい特徴があります。

飲むたびに吐いていると、体重が増えず栄養障害が心配です。また、吐いた母乳やミルクが肺に入って肺炎になったりすることもあります。これは、生後2,3ヶ月以内に自然に治ります。大抵、吐いても元気がよいのが特徴ですが、体重があまり増えずに心配なときは、お医者さんに相談してみましょう。

軽症の場合は、授乳後1時間ほど起したままにしたり、ベットでは、上半身を高くしておくなどの工夫をします。1回の授乳量を減らして回数を増やす、こまめにげっぷをさせるなどの工夫をしましょう。

●赤ちゃんの1日の体重増加の目安

  • ・生後0~3ヶ月→25~30g/日
  • ・生後3~6ヶ月→20~25g/日
  • ・生後6~9ヶ月→15~20g/日
  • ・生後9~12ヶ月→10~15g/日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    2. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    3. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…

    ピックアップ記事

    1. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    3. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    ページ上部へ戻る