生まれたばかりの赤ちゃんがお乳を飲んだ後、ちょっと体を動かしただけでも勢いよく吐くことがあります。これを噴門弛緩症といい、赤ちゃんの食道と胃の間の筋肉が緩いために起こります。

赤ちゃんはもともと脳の発達が未熟であること、赤ちゃんの胃はくびれが少なく胃の入り口(噴門)の締りがゆるいために逆流がおこりやすいこと、授乳中に空気を飲み込みやすいことなどの理由から、嘔吐しやすい特徴があります。

飲むたびに吐いていると、体重が増えず栄養障害が心配です。また、吐いた母乳やミルクが肺に入って肺炎になったりすることもあります。これは、生後2,3ヶ月以内に自然に治ります。大抵、吐いても元気がよいのが特徴ですが、体重があまり増えずに心配なときは、お医者さんに相談してみましょう。

軽症の場合は、授乳後1時間ほど起したままにしたり、ベットでは、上半身を高くしておくなどの工夫をします。1回の授乳量を減らして回数を増やす、こまめにげっぷをさせるなどの工夫をしましょう。

●赤ちゃんの1日の体重増加の目安

  • ・生後0~3ヶ月→25~30g/日
  • ・生後3~6ヶ月→20~25g/日
  • ・生後6~9ヶ月→15~20g/日
  • ・生後9~12ヶ月→10~15g/日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    2. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    3. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    ページ上部へ戻る