周期性嘔吐症は、アセトン血性嘔吐症のことです。別名自家中毒とも言います。

ストレスが心の負担となっていて、かぜをひいたときや楽しい行事を前にしたときなどに吐いたり、腹痛を訴えるという症状は、自分の体を守ろうとする自然な反応といえるのです。その時、体の中で糖分を燃やしてエネルギー代謝をしている機能が変調をきたし、血液中のアセトン体という物質が増えます。そのアセトン体が増えたために起こる中毒症のことです。

周期的に吐くという症状を繰り返すとともに、腹痛、ときには頭痛を訴え元気がなくなります。熱はでてもあまり高くなることはないようです。昼間より夜になって症状が現れることが多いようです。

3~5歳くらいの子どもに多くみられ、疲れやかぜ、ストレスなどによって引き起こされます。初めは食べたものを吐いていますが、そのうちコーヒーかすのようなものを吐くようになります。

脱水症にならないように気をつける事が必要です。嘔吐がひどい時は、食事を無理に食べさせる必要はなく、吐き気が治まったら、少しずつ消化のよいものを与えるとよいでしょう。

この病気は、第1子や男の子に多く、神経質でとてもよい子、一見、手のかからない子に多いのです。お母さんは、子どもの話にゆっくり耳を傾けてみてください。そして、規則正しい生活を心がけることも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    2. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    2. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    3. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    ページ上部へ戻る