日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソーセージ、缶詰め、密封食品などが原因で感染することがあります。普通、真空パックだと安心だと思いがちですがそうではないのです。

症状が出るまでの潜伏期間は、12~36時間です。おなかの針、吐き気、嘔吐からはじまり、頭痛、視力障害、舌のもつれなどの症状が現れます。さらに重症になると、呼吸困難となり、生命の危険もでてきます。

アメリカでは、1899年~多くの死者がでています。日本でも1984年に、辛子レンコンが原因で11人の死者をだしました。

赤ちゃんの場合は、蜂蜜なども危険性があります。下痢や嘔吐に加えて、神経にも影響ができることがありますので、注意が必要です。

はちみつそのものの成分が、赤ちゃんにとっていけないわけではなく、ボツリヌス菌が危ないのです。日本にあるはちみつの約5%が、このボツリヌス菌に汚染しているといわれていて、その蜂蜜を食べてはいけないということなのです。

赤ちゃんが蜂蜜を食べて発症した場合、便秘、全身の筋力低下、症状が進むと、ミルクを飲まなくなり、泣き声も小さく、ぐったりした様子になってきます。突然呼吸が止まり、生命の危険もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    3. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    ページ上部へ戻る