日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソーセージ、缶詰め、密封食品などが原因で感染することがあります。普通、真空パックだと安心だと思いがちですがそうではないのです。

症状が出るまでの潜伏期間は、12~36時間です。おなかの針、吐き気、嘔吐からはじまり、頭痛、視力障害、舌のもつれなどの症状が現れます。さらに重症になると、呼吸困難となり、生命の危険もでてきます。

アメリカでは、1899年~多くの死者がでています。日本でも1984年に、辛子レンコンが原因で11人の死者をだしました。

赤ちゃんの場合は、蜂蜜なども危険性があります。下痢や嘔吐に加えて、神経にも影響ができることがありますので、注意が必要です。

はちみつそのものの成分が、赤ちゃんにとっていけないわけではなく、ボツリヌス菌が危ないのです。日本にあるはちみつの約5%が、このボツリヌス菌に汚染しているといわれていて、その蜂蜜を食べてはいけないということなのです。

赤ちゃんが蜂蜜を食べて発症した場合、便秘、全身の筋力低下、症状が進むと、ミルクを飲まなくなり、泣き声も小さく、ぐったりした様子になってきます。突然呼吸が止まり、生命の危険もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    3. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…

    ピックアップ記事

    1. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    2. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る