日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソーセージ、缶詰め、密封食品などが原因で感染することがあります。普通、真空パックだと安心だと思いがちですがそうではないのです。

症状が出るまでの潜伏期間は、12~36時間です。おなかの針、吐き気、嘔吐からはじまり、頭痛、視力障害、舌のもつれなどの症状が現れます。さらに重症になると、呼吸困難となり、生命の危険もでてきます。

アメリカでは、1899年~多くの死者がでています。日本でも1984年に、辛子レンコンが原因で11人の死者をだしました。

赤ちゃんの場合は、蜂蜜なども危険性があります。下痢や嘔吐に加えて、神経にも影響ができることがありますので、注意が必要です。

はちみつそのものの成分が、赤ちゃんにとっていけないわけではなく、ボツリヌス菌が危ないのです。日本にあるはちみつの約5%が、このボツリヌス菌に汚染しているといわれていて、その蜂蜜を食べてはいけないということなのです。

赤ちゃんが蜂蜜を食べて発症した場合、便秘、全身の筋力低下、症状が進むと、ミルクを飲まなくなり、泣き声も小さく、ぐったりした様子になってきます。突然呼吸が止まり、生命の危険もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    3. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…

    ピックアップ記事

    1. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    2. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る