下痢が長引くようなら、乳糖不耐症かもしれません。乳糖不耐症とは、牛乳やミルクに含まれる乳糖が、腸内で消化できず下痢などを引きおこします。

赤ちゃんの場合、先天的なものと、後天的なものとあるようです。先天的な場合は、生まれつき腸の中のラクターゼという乳糖分解酵素が欠けているために起こります。ミルクを飲むと、すぐにすっぱいにおいのする水っぽい便が頻繁に出ます。

後天的なものは、ウイルスや細菌による胃腸炎などで、腸の粘膜が傷つき、乳糖を消化吸収する酵素が出なくなってしまった場合に起こる二次的な乳糖不耐症です。一時的に嘔吐、下痢が起こる場合も多いようです。たいていの場合、この後天的なものが多いようです。

母乳やミルクに含まれる乳糖が原因ですから乳糖不耐症の場合は、医師の指導のもと、一時的にミルクや授乳をやめ、乳糖が含まれないミルクの使用が必要な場合もあります。症状によっては、薬で乳糖分解酵素を補うこともあります。

まずは下痢が長引くときは、医療機関へ相談を。そのときに、便のついたおむつを持っていくと、正確な診断ができます。そのほかにも、便の回数、色、におい、状態などの報告ができるよう、赤ちゃんの様子をしっかり観察しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    2. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る