下痢が長引くようなら、乳糖不耐症かもしれません。乳糖不耐症とは、牛乳やミルクに含まれる乳糖が、腸内で消化できず下痢などを引きおこします。

赤ちゃんの場合、先天的なものと、後天的なものとあるようです。先天的な場合は、生まれつき腸の中のラクターゼという乳糖分解酵素が欠けているために起こります。ミルクを飲むと、すぐにすっぱいにおいのする水っぽい便が頻繁に出ます。

後天的なものは、ウイルスや細菌による胃腸炎などで、腸の粘膜が傷つき、乳糖を消化吸収する酵素が出なくなってしまった場合に起こる二次的な乳糖不耐症です。一時的に嘔吐、下痢が起こる場合も多いようです。たいていの場合、この後天的なものが多いようです。

母乳やミルクに含まれる乳糖が原因ですから乳糖不耐症の場合は、医師の指導のもと、一時的にミルクや授乳をやめ、乳糖が含まれないミルクの使用が必要な場合もあります。症状によっては、薬で乳糖分解酵素を補うこともあります。

まずは下痢が長引くときは、医療機関へ相談を。そのときに、便のついたおむつを持っていくと、正確な診断ができます。そのほかにも、便の回数、色、におい、状態などの報告ができるよう、赤ちゃんの様子をしっかり観察しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    2. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    3. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    ページ上部へ戻る