熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾燥する、皮膚に張りがない、目が落ちくぼんでいる、おしっこの回数が少なくなるなどの症状が見られます。

体重の10%以上の水分が失われた重度の場合は、意識がはっきりせず、チアノーゼやひきつけが見られることもあります。飲み物を受け付けない、すぐに吐いてしまうなどのときは点滴が必要なのですぐに受診が必要です。。

赤ちゃんは、体の水分の割合が体重の3分の2くらいを占めています。これは、大人に比べるととても多い割合です。

嘔吐や下痢を繰り返していると、体の水分がどんどん失われていきます。そのとき一緒に体に必要なナトリウムやカリウムなどの電解質まで失われてしまいます。

重度になる前に、水分の補給をすることが重要です。赤ちゃんは、容態が急変する場合があるので、早めの対応が大切です。麦茶や湯冷まし、赤ちゃん用のイオン水などを、少量を数回に分けて与えます。いきなり一度にたくさん飲ませると、また吐いてしまうので注意が必要です。飲み物をまったく受け付けない場合は、急いで病院に連れて行く必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    3. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…

    ピックアップ記事

    1. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    2. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    3. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る