赤ちゃんが、ミルクを吐くのは良くあります。あまりに頻繁なので・・・と心配されるお母さんも多いようです。病気かどうかは、吐いたときの様子をよく観察することが大切です。

母乳やミルクを飲んだ直後、だらっとミルクを出すのは、溢乳(いつにゅう)と呼ばれ、自然なことですので、心配ありません。機嫌もよく、元気があり、吐いた後もけろっとしています。体重も増えているようなら、まず大丈夫でしょう。

理由は、空気も一緒に飲んでしまうので、ゲップのときに一緒にミルクを吐いてしまうこと、満腹中枢が発達していないため、飲みすぎてしまうこと、食道と胃のつながりの部分(下部食道括約筋)が弱いため、逆流してはいてしまうことなどがあげられます。こうした場合は、成長とともに自然に吐くこともなくなります。

ただ、飲んでしばらくしてから、噴水のように勢いよく吐く場合は、幽門狭窄症などの場合があります。生まれつき胃の出口が狭くなっていて、母乳やミルクが十二指腸の方へ流れていかないため、吐いてしまいます。飲むたびにこの状態だと、栄養がとれないので体重は増えていきません。早めに医療機関に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    2. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る