成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします。

ぎょう虫症は、子どもに最も多い寄生虫病なので、保育園や学校で検査が行われています。ぎょう虫は、盲腸に住みつき、メスが約1センチ、オスは約0.5センチほどの大きさで、寝ている間に、メスがおしりのまわりに卵を産みます。

ぎょう虫の成虫により、虫垂炎がおこれば、発熱、吐き気、腹痛などの症状が出ます。
成虫が産卵するときは肛門に出てくるので、かゆみがあり、尿道や膣に感染して炎症をおこすこともあります。不眠や発育不良を引き起こします。

保有者からでた成虫の卵が下着や寝具につき、それが手について、そのまま食べ物を入れたり、卵のついたチリが風によって運ばれて感染します。

家族が感染していることが多いので、パモ酸ピランテルやメベンダゾールなどの駆除剤を飲みます。1回の服用で90%位の効果がありますが、念のため2回服用した方がいいとされています。その後、ぎょう虫がいなくなったかどうか再検査する必要があります。

ふとんは日に当てて日光消毒し、衣類は清潔を心がけましょう。日常の手洗いも忘れずに。つめもいつも短く切り、かまないよう注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    2. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    3. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…

    ピックアップ記事

    1. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    ページ上部へ戻る