成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします。

ぎょう虫症は、子どもに最も多い寄生虫病なので、保育園や学校で検査が行われています。ぎょう虫は、盲腸に住みつき、メスが約1センチ、オスは約0.5センチほどの大きさで、寝ている間に、メスがおしりのまわりに卵を産みます。

ぎょう虫の成虫により、虫垂炎がおこれば、発熱、吐き気、腹痛などの症状が出ます。
成虫が産卵するときは肛門に出てくるので、かゆみがあり、尿道や膣に感染して炎症をおこすこともあります。不眠や発育不良を引き起こします。

保有者からでた成虫の卵が下着や寝具につき、それが手について、そのまま食べ物を入れたり、卵のついたチリが風によって運ばれて感染します。

家族が感染していることが多いので、パモ酸ピランテルやメベンダゾールなどの駆除剤を飲みます。1回の服用で90%位の効果がありますが、念のため2回服用した方がいいとされています。その後、ぎょう虫がいなくなったかどうか再検査する必要があります。

ふとんは日に当てて日光消毒し、衣類は清潔を心がけましょう。日常の手洗いも忘れずに。つめもいつも短く切り、かまないよう注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    2. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    3. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…

    ピックアップ記事

    1. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    2. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    3. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    ページ上部へ戻る