胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップがでにくく、はきやすいということから気づかれます。頻繁におならをし、寝かすと苦しいので不機嫌になります。軽症例を含めると約10%ほどに認められるほど、比較的多い症状といえます。

2歳以降にみられる急性胃軸捻転では、急激な上腹部の痛みとおなかがはる膨満感(ぼうまんかん)から発祥します。

赤ちゃんの胃軸捻転は、胃がしっかり固定していないために起こります。胃が捻転し、食道を圧迫するので、げっぷが出にくくなります。無理に出そうとすれば吐いてしまう場合もあります。

新生児の場合は、授乳後、体の右側を下にして上半身を少し高くして、30分~1時間ぐらい寝かせておくと、はかなくなります。また、授乳後1時間ほどうつぶせにしておくのも効果的です。しかし最近は、うつぶせ寝が突然死の原因になるといわれているので、お母さんの目の届く範囲で、うつぶせ寝にしてあげてください。

月例がすすむにつれ症状は軽くなり、6ヶ月過ぎには自然に治ります。この頃になると、自分で寝返りもできるようになるので、わざわざうつぶせにしなくても大丈夫です。

その他に、浣腸も有効です。腸管のガスを浣腸で出してあげることにより、胃のねじれが戻ります。夜泣いて困っているときは、浣腸が有効です。

2歳以上の子どもでは、胃管を入れて胃の内容物を吸引し、ねじれを治します。このようにしても回復しないときや、繰り返すようなときは、胃底部の固定術が行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…

    ピックアップ記事

    1. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    2. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    3. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る