胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップがでにくく、はきやすいということから気づかれます。頻繁におならをし、寝かすと苦しいので不機嫌になります。軽症例を含めると約10%ほどに認められるほど、比較的多い症状といえます。

2歳以降にみられる急性胃軸捻転では、急激な上腹部の痛みとおなかがはる膨満感(ぼうまんかん)から発祥します。

赤ちゃんの胃軸捻転は、胃がしっかり固定していないために起こります。胃が捻転し、食道を圧迫するので、げっぷが出にくくなります。無理に出そうとすれば吐いてしまう場合もあります。

新生児の場合は、授乳後、体の右側を下にして上半身を少し高くして、30分~1時間ぐらい寝かせておくと、はかなくなります。また、授乳後1時間ほどうつぶせにしておくのも効果的です。しかし最近は、うつぶせ寝が突然死の原因になるといわれているので、お母さんの目の届く範囲で、うつぶせ寝にしてあげてください。

月例がすすむにつれ症状は軽くなり、6ヶ月過ぎには自然に治ります。この頃になると、自分で寝返りもできるようになるので、わざわざうつぶせにしなくても大丈夫です。

その他に、浣腸も有効です。腸管のガスを浣腸で出してあげることにより、胃のねじれが戻ります。夜泣いて困っているときは、浣腸が有効です。

2歳以上の子どもでは、胃管を入れて胃の内容物を吸引し、ねじれを治します。このようにしても回復しないときや、繰り返すようなときは、胃底部の固定術が行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    2. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    ページ上部へ戻る