胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップがでにくく、はきやすいということから気づかれます。頻繁におならをし、寝かすと苦しいので不機嫌になります。軽症例を含めると約10%ほどに認められるほど、比較的多い症状といえます。

2歳以降にみられる急性胃軸捻転では、急激な上腹部の痛みとおなかがはる膨満感(ぼうまんかん)から発祥します。

赤ちゃんの胃軸捻転は、胃がしっかり固定していないために起こります。胃が捻転し、食道を圧迫するので、げっぷが出にくくなります。無理に出そうとすれば吐いてしまう場合もあります。

新生児の場合は、授乳後、体の右側を下にして上半身を少し高くして、30分~1時間ぐらい寝かせておくと、はかなくなります。また、授乳後1時間ほどうつぶせにしておくのも効果的です。しかし最近は、うつぶせ寝が突然死の原因になるといわれているので、お母さんの目の届く範囲で、うつぶせ寝にしてあげてください。

月例がすすむにつれ症状は軽くなり、6ヶ月過ぎには自然に治ります。この頃になると、自分で寝返りもできるようになるので、わざわざうつぶせにしなくても大丈夫です。

その他に、浣腸も有効です。腸管のガスを浣腸で出してあげることにより、胃のねじれが戻ります。夜泣いて困っているときは、浣腸が有効です。

2歳以上の子どもでは、胃管を入れて胃の内容物を吸引し、ねじれを治します。このようにしても回復しないときや、繰り返すようなときは、胃底部の固定術が行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    ページ上部へ戻る