お乳を飲んだあとに、赤ちゃんが突然吐くことがあります。赤ちゃんの胃の入り口の閉まり方が未熟なためで、せきやしゃっくり、ゲップといっしょに吐くこともあります。

おっぱいやミルクと一緒に飲み込んだ空気を赤ちゃんが上手に出すことができなかったり、飲みすぎによって赤ちゃんが必要としない分を吐いてしまうのです。

吐いたあとけろりとしてきげんもよく、体重も増えているのならまず心配いりません。熱や下痢がみられたり、1日何回も繰り返すなら医師に相談をしてください。おしっこの量が少ない場合、脱水を起こしていることもあります。

溢乳といって、寝ているときなどに口の端からお乳をだらだらとあふれさせるのは心配いりません。月齢が進むと自然と吐くことも少なくなります。

母乳やミルクを飲んだ後、しばらくしてから噴水状にぴゅーっと勢いよく吐くときは、肥厚性幽門狭窄症の場合があります。生まれつき胃の出口が狭くなっていて、母乳やミルクが十二指腸のほうへ流れていくことができずに吐いてしまいます。

毎回このような症状の時は、栄養が取れていないので体重も増えていきません。医師に相談することが必要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…

    ピックアップ記事

    1. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る