お乳を飲んだあとに、赤ちゃんが突然吐くことがあります。赤ちゃんの胃の入り口の閉まり方が未熟なためで、せきやしゃっくり、ゲップといっしょに吐くこともあります。

おっぱいやミルクと一緒に飲み込んだ空気を赤ちゃんが上手に出すことができなかったり、飲みすぎによって赤ちゃんが必要としない分を吐いてしまうのです。

吐いたあとけろりとしてきげんもよく、体重も増えているのならまず心配いりません。熱や下痢がみられたり、1日何回も繰り返すなら医師に相談をしてください。おしっこの量が少ない場合、脱水を起こしていることもあります。

溢乳といって、寝ているときなどに口の端からお乳をだらだらとあふれさせるのは心配いりません。月齢が進むと自然と吐くことも少なくなります。

母乳やミルクを飲んだ後、しばらくしてから噴水状にぴゅーっと勢いよく吐くときは、肥厚性幽門狭窄症の場合があります。生まれつき胃の出口が狭くなっていて、母乳やミルクが十二指腸のほうへ流れていくことができずに吐いてしまいます。

毎回このような症状の時は、栄養が取れていないので体重も増えていきません。医師に相談することが必要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    3. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…

    ピックアップ記事

    1. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    ページ上部へ戻る