体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便をパンツの中にしても、自分で着替えることは少なく、多くが平気ですごし、親が気づいて着替えさせようとすると抵抗します。

4歳以上の子供で一ヶ月に一回以上、さらに6ヶ月以上継続していると遺糞症と診断されるようです。遺糞は3歳前後の男児で約7%、女児で約3%といわれています。

便秘で肛門に裂傷(れっしょう)があり、排便をがまんしているうちに胃糞になることがあります。また、親のはげしい叱責など、親子関係が原因で、親への心理的な抵抗から胃糞を繰り返し、習慣になる場合もあります。なお排便の昨日がととのうのは4歳ごろです。それまでは失敗することがあっても当然です。

幼い頃のトイレトレーニングの不足、早すぎるトイレトレーニングは、子どもに過度のストレスや不安を植えつけることとなります。
トイレトレーニングは、しからず、あせらず、様子をみながらトイレをうながすようにします。

4歳以上の子どもに遺糞がみられたときは、専門医に相談してみましょう。場合によっては、セラピーや薬物治療も必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    3. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    ページ上部へ戻る