体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便をパンツの中にしても、自分で着替えることは少なく、多くが平気ですごし、親が気づいて着替えさせようとすると抵抗します。

4歳以上の子供で一ヶ月に一回以上、さらに6ヶ月以上継続していると遺糞症と診断されるようです。遺糞は3歳前後の男児で約7%、女児で約3%といわれています。

便秘で肛門に裂傷(れっしょう)があり、排便をがまんしているうちに胃糞になることがあります。また、親のはげしい叱責など、親子関係が原因で、親への心理的な抵抗から胃糞を繰り返し、習慣になる場合もあります。なお排便の昨日がととのうのは4歳ごろです。それまでは失敗することがあっても当然です。

幼い頃のトイレトレーニングの不足、早すぎるトイレトレーニングは、子どもに過度のストレスや不安を植えつけることとなります。
トイレトレーニングは、しからず、あせらず、様子をみながらトイレをうながすようにします。

4歳以上の子どもに遺糞がみられたときは、専門医に相談してみましょう。場合によっては、セラピーや薬物治療も必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…

    ピックアップ記事

    1. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    2. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    3. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る