AN001_L

スポンサードリンク

回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。地球上の4人に1人がこの寄生虫を持っているといわれています。

人の消化管で卵が孵化して幼虫になり、肺に達すれば肺炎を起こします。成虫になって腸にもどって寄生すると、嘔吐、腹痛、貧血、動悸などの症状があらわれます。胆道に迷い込んで炎症をおこし、はげしい腹痛が起こることもあります。

回虫の卵がついた生野菜を口にしたり、動物の糞便から感染します。イヌ・ネコ回虫症といい、子犬や子猫に感染している回虫の卵が砂場の砂に混入し、感染する例も知られています。

イヌ・ネコの回虫卵は、健康な人にとっては何の心配もいりませんが、免疫力の弱っている人や幼児が感染するのです。人から人への感染はしないので、排泄物の処理に気を使うことはありません。

回虫症を予防するためには、清潔第一です。回虫症は、衛生設備が整っていない地域に多く、水道の普及が十分でなく、不衛生な事が原因で起こっているからです。

また、生の食材は避けるようにし、加熱調理して食べることを心がければ心配はありません。また、砂遊びの後や、犬や猫と遊んだ後は必ず手を洗うことも大切です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. AN001_L

      新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. AN001_L

      色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    2. AN001_L
      あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. AN001_L
      春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る