大腸の粘膜にただれや潰瘍をつくる病気です。子どもの場合は重症化しやすいといわれています。難病指定の特定疾患で、一度かかると一生治らない病気とされていました。しかし近年では、さまざまな治療方法が開発され、難病とは考えられなくなっているようです。

繰り返し腹痛や下痢、血便が見られます。発熱や脱水症状、貧血、体重減少などの症状がでることがあります。ゆっくり発症して慢性化していくケースが多く、子どもでは80~90%が重症化するといわれます。

遺伝的な要素に、免疫反応異常が加わって発症すると考えられますが、はっきりしていません。日本に比べ欧米人患者が多いため、食生活の影響や遺伝が関係しているのではないかと考えられています。肉体労働者より事務職に患者が多いことから、ストレスも大きく関係しているのではないかと考えられています。

急性期には食欲不振、消化吸収能力の低下がみられるので、低脂肪、かすが残りにくい低残渣の成分食を与えます。

動物性たんぱく質や脂肪の摂りすぎには注意し、ストレスはなるべく溜め込まないようにすることが、潰瘍性大腸炎の予防につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    2. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    2. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    3. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    ページ上部へ戻る