牛や豚、鶏などの糞便にいるサルモネラ菌が食べ物をとおして感染します。感染力が強く重症化しやすい菌です。5から10月が多発する時期で、8月がピークです。感染して12~24時間で発症します。

発熱、腹痛、下痢がおもな症状で、子どもは重症化しやすく、38~39度の高熱が続き、粘血便が1日に十数回もみられることがあります。なかには、けいれんや意識障害といった脳症をおこすこともあります。

とくに鶏卵は集団食中毒の過半数の原因を占めていて、注意が必要です。腸で毒素をつくり、腸管をおかします。腸チフス・パラチフスもサルモネラ菌の仲間です。輸液により脱水症状を予防し、重症例には抗生物質を投与します。

症状を見れば、おおよその診断がつきます。口にした食品の情報、家族に同じ食品を食べた人がいるかどうかも手がかりになります。また、下痢と嘔吐による脱水の程度を知るために、必要に応じて血液検査をすることもあります。

下痢や嘔吐で脱水になりやすいものです。吐き気や嘔吐がある間は、少量ずつ何度も水分を与える必要があります。1回の量は、小さじ1杯ぐらいが目安です。

食欲が出てきたら、おかゆなどの脂肪が少ない消化のよいものを中心に食べさせるようにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    2. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る