いわゆる胸焼けの症状です。大人でも飲みすぎ、食べ過ぎで胃酸が逆流し、胸焼けが起こることがありますが、赤ちゃんの場合は、食道や胃が完成していないために食べたものが胃酸といっしょに逆流する場合があります。低月齢の赤ちゃんに多いが、1歳までには自然に治ることが多い威容です。

胃酸は強いですから、食道などの粘膜を刺激し、潰瘍などを引き起こすほか、栄養障害、誤って気道や気管支炎に入ったりすると炎症のもとになります。

育ちが悪い、風邪をひきやすい、よく吐くなどの症状がある場合は、胃食道逆流症が引き金にいなっていることもありますので、専門医に相談しましょう。

しかし、よく吐くといっても、とくに苦しそうな様子もなく機嫌もよければ、成長と共に自然と治っていくことも多い病気です。

ただ、逆流したものが器官に入りそうになるとゼイゼイすることがあり、器官に入ると肺炎を引き起こすこともあります。

授乳する時の注意点としては、母乳やミルクはこまめに少しずつ与え、授乳後はたて抱きにしてしっかりとげっぷをさせるてあげるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    2. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    3. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    ページ上部へ戻る